光脱毛のデメリット

医療脱毛よりも脱毛効果が弱く施術完了までに長い期間を要する

光脱毛は、気軽に始められる脱毛の方法として若い女性に一定の支持を得ていますが、医療脱毛よりも脱毛効果が弱く、施術完了までに長い期間が必要になるといったデメリットも存在します。特に、出力が弱い光脱毛器による施術を受ける場合は、部位やムダ毛の本数にもよりますが、一年以上もにわたり施術に通わなければいけないケースもあります。また、全身脱毛の期間中のスキンケアやシャワー、入浴などに様々な制約があるため、途中で来店が面倒になってしまう人も珍しくありません。そうした問題に対処するには、来店の度に経験豊かなスタッフがフォローをしてくれるところや、効率よく施術を進められる機器を採用しているところを契約先に選ぶと良いでしょう。

施術担当者の経験やセンスによって仕上がりに差が出ることがある

光脱毛は、特別なライセンスや経験が無くても施術を担当できるとあって、施術の担当者によって仕上がりに大きな差が出てしまうこともあります。一般的に、施術料金がリーズナブルな店舗においては、施術の担当者の教育が十分に行われていなかったり、来店の度に担当者が入れ替わったりすることもあります。また、仕上がりに納得ができない場合であっても、返金や施術のやり直しなどのサポートが無い店舗もあるため、施術料金の金額ばかりでなく、慎重に各店舗の保証制度について確認しておきましょう。その他、経済的な余裕がある人は、数あるサロンの中でも施術担当者を自由に選べるところや、一年を通じていつでも施術の予約が取れるところを探しましょう。